teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


・・

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2018年 7月11日(水)10時33分22秒
  Les anges dans nos campagnes

Les anges dans nos campagnes
Ont entonné l'hymne des cieux,
Et l'écho de nos montagnes
Redit ce chant mélodieux :

Gloria in excelsis Deo
Gloria in excelsis Deo

・・

Angels we have heard on high

Angels we have heard on high
Sweetly singing over the plains;
And the mountains in reply
Echoing their joyous strains.

※ Gloria, in excelsis Deo;
   Gloria, in excelsis Deo!
 
 

・・

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2018年 7月11日(水)10時22分19秒
  わが草庵にたづねられし比
恥もせず我なり秋とおごりけり    加賀北枝
 

・・

 投稿者:山田  投稿日:2018年 6月26日(火)12時44分57秒
  *落合直澄

没年:明治24.1.6(1891)
生年:天保11(1840)
幕末明治期の神官,国学者。通称一平,号は小槙舎。武蔵国多摩郡駒木野村(青梅市)生まれ。父は落合俊雄,兄は直亮。初め堀秀成に,のち富樫広蔭に国学と語学を学んだ。勤皇の志厚く兄直亮と共に国事に奔走し,戊辰戦争では官軍の参謀河田景与に従って戦功をたてた。明治2(1869)年神祇官宣教権少博士,のち豊受大神宮禰宜,多度津神社宮司,出雲大社少宮司,伊勢神宮禰宜などを経て大教正に進んだ。公務のかたわら著述に従い,22年皇典講究所の講師となる。紀伝,古語に詳しく,『語格大成図』『日本古代文字考』『古事記講録』などの著書がある。
 

・・

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2018年 6月18日(月)01時04分7秒
  ]山常庭 村山有等 取與呂布 天乃香具山 騰立 國見乎為者 國原波 煙立龍 海原波 加萬目立多都 怜A國曽 蜻嶋 八間跡能國者

・・八間跡

八九間空で雨降る柳かな
 

・・

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2018年 6月17日(日)01時27分53秒
  ?西麓に哭沢女神(なきさわめのかみ)が鎮座。イザナギがイザナミの死を嘆き悲しみ泣いた時、その涙から生まれた神とされる。この神は易の兌卦(少女、沢、五音=哭)の具象化。すなわち井戸の神。ここは藤原京から見れば巽(東南)にあり、先天易でいえば兌。「藤原宮御井の歌」の「み井」は哭沢女の社の御神体の井戸。ここを起源とする井戸信仰が新生児に生命長久を保証する産の神に移行。
?多武峯(とうのみね)に連なる端山(はやま)で、その姿が竜蛇に似ていることから、もっとも神聖視された。
 

・・

 投稿者:山田  投稿日:2018年 6月 8日(金)08時48分9秒
  毘沙門堂の花盛、四天王の榮花もこれにはいかでまさるべき。うへなる黒谷、下河原、むかし遍昭僧正のうき世をいとひし花頂山、わしのみやまの花の色、枯にし鶴の林まで、思ひられてあはれれ也。

観音の甍見やりつはなの雲

花咲て七日鶴見るふもとかな

(一葉集)
 

・・

 投稿者:山田  投稿日:2018年 6月 8日(金)08時35分20秒
  鶴林

クシナガラ城外バツダイ河西岸の沙羅双樹の林。釈迦しやかが入滅した時、鶴の羽のように白く変わって枯れたという。
 

・・

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2018年 4月30日(月)13時05分50秒
    ○ 俳諧の道とする事
ある人問曰、はいかいは、何のためにする事ぞや。答曰、俗談平話をたゞさむがためなり。又問、はいかいの道とする所如何。又答、佛道に達摩あり、儒道に荘子あつて、道の實有を踏破せり。哥道に俳かいある事も、かくのごときとしる時は、道に〔常に〕反そむいて道に叶ふの道理なり。され共、俳かいのすがたは、哥・連哥の次に立て、心は向上之一路に遊ぶべし。
    口伝一向宗の事あり
  春秋心法獲麟之秘訣
 

・・

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2018年 4月27日(金)10時17分47秒
編集済
  「時雨文庫」 D5380
「かきね塚」 D7045

潮堂、菊雄  時雨に入集
梅室、西馬、逸渕、見外、氷壺、為山、由誓 時雨に入集
梅笠、臼左

・・

毘沙門堂の花盛、四天王の榮花もこれにはいかでまさるべき。うへなる黒谷、下河原、むかし遍昭僧正のうき世をいとひし花頂山、わしのみやまの花の色、枯にし鶴の林まで、思ひられてあはれれ也。

観音の甍見やりつはなの雲


下五 花曇  『蕉翁句集』


鶴(ツル)の林
読み方:つるのはやし


1.釈迦入滅の地をいふ。沙羅林の樹白く変じて鶴の如くなりたりとの故事に拠る。〔後捨遺〕忠岑、薪つき雪降りしける鳥部野は鶴の林の心地こそすれ。〔涅槃経〕序品、爾時拘尸那城娑羅樹林変白、猶如白鶴。





 

(無題)

 投稿者:山田  投稿日:2018年 4月18日(水)10時01分7秒
編集済
  大和町の三柱鳥居を探しに行きました。http://www7a.biglobe.ne.jp/~mkun/nazo/YamatoMihasira2.htm
岐阜県郡上郡大和町の三柱鳥居より
『その鳥居は、径30糎程の丸太の鳥居で組んであり、建立の理由は詳しくは語ってもらえなかったが、ユダヤとかイスラエルに関係ある宗教と言うか信仰・信念とかと言うようなものを感じたが果たしてそうなのかどうかは定かではない。信仰の対象物でありあまり見世物的には捉えられたくないらしく感じた。』
『大和町の三柱鳥居のある場所の地名山名などは判りませんが千谷を遡上した山頂付近です。北緯35度46分49秒,東経136度49分4秒』

ノウボウ アキャシャ ギャラバヤ オン アリキャ マリ ボリ ソワカ

火山峠

北緯35度46分50秒,東経137度59分18秒
 

レンタル掲示板
/29