teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


・・

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2018年 4月30日(月)13時05分50秒
    ○ 俳諧の道とする事
ある人問曰、はいかいは、何のためにする事ぞや。答曰、俗談平話をたゞさむがためなり。又問、はいかいの道とする所如何。又答、佛道に達摩あり、儒道に荘子あつて、道の實有を踏破せり。哥道に俳かいある事も、かくのごときとしる時は、道に〔常に〕反そむいて道に叶ふの道理なり。され共、俳かいのすがたは、哥・連哥の次に立て、心は向上之一路に遊ぶべし。
    口伝一向宗の事あり
  春秋心法獲麟之秘訣
 
 

・・

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2018年 4月27日(金)10時17分47秒
編集済
  「時雨文庫」 D5380
「かきね塚」 D7045

潮堂、菊雄  時雨に入集
梅室、西馬、逸渕、見外、氷壺、為山、由誓 時雨に入集
梅笠、臼左

・・

毘沙門堂の花盛、四天王の榮花もこれにはいかでまさるべき。うへなる黒谷、下河原、むかし遍昭僧正のうき世をいとひし花頂山、わしのみやまの花の色、枯にし鶴の林まで、思ひられてあはれれ也。

観音の甍見やりつはなの雲


下五 花曇  『蕉翁句集』


鶴(ツル)の林
読み方:つるのはやし


1.釈迦入滅の地をいふ。沙羅林の樹白く変じて鶴の如くなりたりとの故事に拠る。〔後捨遺〕忠岑、薪つき雪降りしける鳥部野は鶴の林の心地こそすれ。〔涅槃経〕序品、爾時拘尸那城娑羅樹林変白、猶如白鶴。





 

(無題)

 投稿者:山田  投稿日:2018年 4月18日(水)10時01分7秒
編集済
  大和町の三柱鳥居を探しに行きました。http://www7a.biglobe.ne.jp/~mkun/nazo/YamatoMihasira2.htm
岐阜県郡上郡大和町の三柱鳥居より
『その鳥居は、径30糎程の丸太の鳥居で組んであり、建立の理由は詳しくは語ってもらえなかったが、ユダヤとかイスラエルに関係ある宗教と言うか信仰・信念とかと言うようなものを感じたが果たしてそうなのかどうかは定かではない。信仰の対象物でありあまり見世物的には捉えられたくないらしく感じた。』
『大和町の三柱鳥居のある場所の地名山名などは判りませんが千谷を遡上した山頂付近です。北緯35度46分49秒,東経136度49分4秒』

ノウボウ アキャシャ ギャラバヤ オン アリキャ マリ ボリ ソワカ

火山峠

北緯35度46分50秒,東経137度59分18秒
 

growing

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2017年12月23日(土)11時38分45秒
  ・・未来に 荷づくりすませて Baby

        クリスマス

https://www.youtube.com/watch?v=TP9PO5tycgI
 

・・

 投稿者:山田  投稿日:2017年 9月 3日(日)12時12分36秒
  おじゃまします。
前回の「なぜ、日本が独特の平和への文化が興ったかは、飛騨にある金山巨石群で太陽観測が縄文時代に行われていたようで、人類発祥の地から遠く、太陽の上る方角である日本に、遅くとも縄文までには知的好奇心の旺盛な人間が来ていたのではないでしょうか?」で、金山巨石群には面白いことがあります。

「金山巨石群-星たび.com」サイトに、岩屋岩蔭遺跡巨石群に刻まれた「北斗七星と北極星」について、
「星たびは、E石の北斗七星は、E石頂部を天の北極と見なし、 シミュレーションの結果、7500年前(BC5500年)の北天を表しているものと考えました。古代人の宇宙観に、点蓋説、或いは渾天説があります。 「天は鶏の卵殻のように球形であり、地は卵黄のようにその内部に位置しているとする。」 宇宙は有限の空間でその外側は神様の世界だというものです。(渾天説)
その神は、天の北極の星座の「北辰」に在るというもので、逆向きの北斗七星は、神の世界から見た形です。 巨石に刻まれた北斗七星に対し、その当時の天の北極に相当する位置が巨石の尖端に相当します。」とあります。
なんと、「北斗七星は神の世界から見た形で逆向きに描かれている。」とのこと。
ギザのピラミットとオリオン三ツ星,大宮の氷川神社群とオリオン、そして、東国三社&大生神社&利根川と冬の大三角の関係も逆向きでしたよね。そして、岩屋岩蔭遺跡巨石群の「蔭」に草冠が付いている。近くには位山がある。「位」は、人(が)立つ。となります。飛騨(ひだ)については、後日詳細に。
やっぱり、知的好奇心の旺盛な人間は、無駄な争いをするよりも、追われる民となり、平和な楽園(日出る国)を求めて早い時期より、日本に渡来したのでしょう?
平家物語には、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。奢れる人も久しからず、ただ春の夢のごとし。猛き者もつひにはほろびぬ、ひとへに、風の前の塵に同じ。」とあり、前回投稿した敏達天皇(=聖徳太子)が忍者の元祖(甲賀忍術書)であった。ことからも、日本では「オンリーワン」(和製英語)を大切にしたのでしょう。

今回は、ここまでとします。
 

Johnny,Johnny

 投稿者:山田  投稿日:2017年 1月 3日(火)22時35分53秒
  ・・

https://www.youtube.com/watch?v=kbFPAWdnt2M
 

(無題)

 投稿者:山田  投稿日:2016年 7月21日(木)00時23分1秒
編集済
  >・・王仁三郎の宗教観、世界観の根底には、"雛形経綸"という考え方があり、これはチベタン・パルシングでいう世界マップに似た考えかたです。チベタンの考えでは「日本は世界のハラだ」ということになっているようですが、王仁三郎もそれとほぼ同じヴィジョンをもっていて、日本を世界の雛形ととらえます…… 世界の雛形が日本であり、そのまた雛形が大本である……というとらえかた。 そして、この大本に起こることはやがて日本に起こり、日本に起こることはやがて世界で起こることになる……

http://now.ohah.net/earth/index2.shtml?earth/oni.html

「日本は世界のハラだ」 ハラ→大本 ・・岡本 牡鹿本

>・・舒明天皇の岡本宮[編集]629年1月に舒明天皇は即位し、翌年(630年)10月、飛鳥岡(雷丘)[1]のふもとに遷宮し、岡本宮と称した。
その6年後の636年6月、岡本宮は火災で焼失し、舒明天皇は田中宮(たなかのみや、現在の橿原市田中町)へ遷ることとなった。

・・斉明天皇の後岡本宮[編集]655年の冬に板蓋宮が火災に遭い、斉明天皇は川原宮へ遷ったが、並行して新たな宮殿建設地の選定も行っており、翌年(656年)には岡本に新宮殿が建てられた。これが後飛鳥岡本宮である。斉明天皇は舒明天皇の未亡人であり、亡き夫の旧宮地を選んだということになる。・・しかし同年、この新しい宮も火災に遭う。

・・岡本宮はいずれも火災で祟られている。

>当時、斉明天皇は多武峰の山頂付近に石塁や高殿を築いたり、奈良盆地に運河を掘るなど、多くの土木事業を営んだが、動員される民衆には非常に不評

・・「岡本宮」は、文字どおり岡(雷丘)のふもとに立地

・・南の細川山から明日香村の方へ延びてきている尾根の総称で、石舞台古墳付近から飛鳥坐神社の辺りまでを指す。


 舒明(629-641)→皇極(642-645)→孝徳(645-654)→斉明(655-661)

・・ヤマトのハラの舞台



 武蔵のはらに鶴遊ぶなり   井月
 

(無題)

 投稿者:山田  投稿日:2016年 7月18日(月)13時25分14秒
  ・・ぽれぽれ

・・北村監督 multi-under-culture最後のオーガナイザー。

 

(無題)

 投稿者:山田  投稿日:2016年 6月 2日(木)01時02分53秒
  東の空から こと座   夏至や冬至に近い時には地軸の傾きがわかる 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2015年10月 7日(水)03時56分45秒  返信・引用
   「目」=「日」+「一」:=最高のひと+からだ=>最高の人のからだ=>優れたひと(女領主)=>知者=>観察の優れたひと=>(何事も)深く見つめるもの=>観察する顔=>顔=>深く見る所=>め(再掲cf.48)
「貝」=「目」+「八」:=指揮官+立ち上がる男=>男の指揮者=>男の指導者=>部族もしくは家の所有するもの=>ざい=>かへい

春を代表する星座の一つ「こぐま座」http://www.study-style.com/seiza/UMi.html

北斗七星(おおぐま座)http://www.study-style.com/seiza/UMa.html

北斗七星は「春や夏の星座 」として分類されることが多いようです。 北斗七星は厳密に言うと星座ではありません。http://www.din.or.jp/~t-sugi/star/4seiza2/15hoku7.html
北斗七星は、「北極星を見つける道しるべ」とでも言うべき重要な役割を担っています。

7月の七夕祭りの頃 だと、夏の天の川は高度が低くて見づらかったのですが、8月になると ... この時期は 北斗七星とカシオペア座の両方が見えるので、北極星を探すのに苦労はありません。http://homepage2.nifty.com/turupura/month/08.html
天頂の空
 8月に天頂付近に見えている星座は、小さな平行四辺形が印象的なこと座です。織姫星として有名なこと座のベガは、夏の夜空の最輝星です。本当に頭上で輝いているので、美しさに見とれていると首が痛くなってしまいます。
 天の川をはさんで、ベガをひとつの頂点とする1等星3個でできた大きな三角形は、夏の大三角です。夏の大三角は、天の川を背景にしているだけに、他の大三角よりも豪華に見えます。天の川ははくちょう座のデネブ付近で大きくふたつに別れて、南の空へと流れ落ちていくのですが、田舎の澄んだ空では、このようすがハッキリとわかります。一度ご覧になれば、その荘厳さに胸を打たれることと思います。
 天の川の中には、や座、こぎつね座、少し離れているか座といった小さな星座があります。天の川が高く上るこの時期に、こちらも一度見ておかれるとよいでしょう。

中にしん棒・・・こと座 東ー 西
東という字http://kanji-roots.blogspot.jp/2012_02_26_archive.htmlの解字は 「象形文字。中にしん棒を通し、両端をしばった袋・・・」http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13138983493

はと座の星座解説. ... ノアの箱舟の伝説の、水が引いたかどうかを調べるために放たれ た鳩、隣のアルゴ船を箱舟に見立てたようです。 ... うさぎ座から視線を地平線に向かっ ておろすと、α-β-εの3等星で作る、小さな三角が見つかります。

「さんかくはし」
おおいぬ座・こいぬ座・うさぎ座・はと座・アルゴ座とは?http://wakariyasuku.info/%E5%A4%A9%E6%96%87/%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%AC%E5%BA%A7%E3%83%BB%E3%81%93%E3%81%84%E3%81%AC%E5%BA%A7%E3%83%BB%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8E%E5%BA%A7%E3%83%BB%E3%81%AF%E3%81%A8%E5%BA%A7%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB/
シリウスと、その北東にあるプロキオンとは狩人オリオンについて昇るので、おおいぬとこいぬに見られたのですがおおいぬ座はシリウスを口の先にしたイヌの姿に見えます。
イヌの尾は、シリウスのずっと下で3つの二等星が直角をつくっています。日本では、「うさぎ座は、オリオンの一等星リゲルの下」といっています。

プロキオン・ベテルギウス・シリウスの3つの一等星をむすぶ正三角形を、冬の大三角といいます。
うさぎ座・はと座どちらも小さい星座です。
うさぎ座は、オリオンの一等星リゲルの下で三等・四等の4つの星が四辺形を描いているものでこれと、まわりの小さい星で、ウサギの形になります。
はと座は、うさぎ座の下で、小さい星が羽根を広げた鳥の形に見えます。
これを「聖書」にあるハ卜の話にむすびつけたものです。
うさぎ座は、オリオンの一等星リゲルの下

オリオン座の左にじつは一番薄い天の川が流れています。
オリオン座がちょうど南に見えるとき天の川銀河の中心はどの方向ですか? http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1414184959
ちょうど反対側です。 オリオン座の左にじつは一番薄い天の川が流れています。
こっちは天の川銀河の反対側なんです。
夏の星座射手座のあたりが中心です。
空さえきれいなら、この辺はぶっとい天の川が見えます。

三角法なしの古代の天体観測はおよそありえないことも明らかで、ここ から三角法が発展し、 現代の高校で学ぶ三角法となったのです。 .... 古代の天文学 では黄道帯 (zodiac) は 12 の星座 (sign) あるいは 36 のデカン (decan) に分割され ていた。
三角法の歴史http://mail2.nara-edu.ac.jp/~asait/kuiper_belt/mathematics/trigonometry.htm
初期の三角法
古代のエジプト人とバビロニア人は相似三角形の辺の比に関する定理を 何世紀もの間知っていた。 しかし、ヘレニズム時代以前には角度の概念がなく、 その結果、代わりに三角形の辺が研究され、これは三角形幾何学 (trilaterometry) とでも呼ばれる分野である。
バビロニアの天文学者は日の出、日の入り、惑星の運行、日食、月食を 詳細に記録している。 この記録には天球上で測定される角距離に慣れている必要がある。 楔形文字の刻板である Plimpton 322 (BC 1900 頃) の解釈に基づいて、 古代バビロニアにはセカント (sec) の数表があったと断言する者もいる。 しかしながら、それがピタゴラス数の数表であるか、二次方程式の解法であるか、あるいは三角関数の 数表であるかに関しては多くの議論がある。
一方でエジプト人は BC 2000 年頃のピラミッドの建設で原始的な三角法を使用している。 リンド数学パピルスはエジプトの書記官であるアフメス (Ahmes, BC 1680 年頃 - BC 1620 年頃) により書かれ、 三角法に関連する次の問題を含んでいる。
ピラミッドが高さ 250 キュービット (訳注:中指の先端からひじまでの長さ) で、底面の 1 辺が 360 キュービットとする。 seked は幾つか ?

中国の天文学の最後に付け加えた 訳注 (どのようにして訳語が造語されたのか (漢訳、科学用語の由来)) を見ればわかりますが、17 世紀中国で、宣教師たちは sine の漢訳として「正半弦」を採用し、 「正弦」と略称したことが現在の漢語の由来です。
ユークリッド や アルキメデス の本には三角法が登場しないが、 三角関数の法則や公式に同等ではあるが、(三角法の方法ではなく) 幾何学的な方法で提示されている定理がある。 例えば、ユークリッド原論の巻 2 の命題 12 と 13 は鈍角と鋭角に対しての余弦公式である。 弦の長さに関しての定理は正弦公式の応用である。 アルキメデスの「折れた弦」の定理は、 sin の加法公式と同等である。 弦の数表がないことの埋め合わせをするために、 アリスタルコス の時代の数学者は以下のような事実を時々使用している。 現代の言葉では、

円周が360° であることの系統的な使用がいつ数学に登場したのかは知られていないが、 サモスの アリスタルコス が 「 (太陽と月の) 大きさと距離に付いて」 (On the size and Distance) (BC 260 年頃) を著した少し後に円周が 360° であることの系統的導入が起きたことは知られている。 というのは、アリスタルコスは 4 分儀の分割で角度を測定したからである。 円周が 360° であることの系統的な使用は主に、 ヒッパルコスと彼の弦の数表によっている思われている。 ヒッパルコスの分割の考えはヒュプシクレス (Hypsicles) によるものかもしれない。 というのはヒュプシクレスはそれ以前に 1 日を 360 に分割しており、 この 1 日の分割方法はバビロニアの天文学によって示唆されたものかもしれない。 古代の天文学では黄道帯 (zodiac) は 12 の星座 (sign) あるいは 36 のデカン (decan) に分割されていた。 およそ 360 日の周期は 12 の星座や 36 のデカンを各々 30 等分あるいは 10 等分することに 対応している。 バビロニアの 60 進法では 1 度は 60 分に分割され、1 分は 60 秒に分割される。
アレクサンドリアのメネラウス (AD 100 年頃) は 3 巻からなる「球面論」(Sphaerica) を書いている。 巻 I では、ユークリッド原論における平面三角形の基礎と類似な 球面三角形の基礎を樹立している。 彼はユークリッド幾何学に類似物がない次のような定理を樹立している: 2 つの球面三角形はすべての角度が等しければ合同である (彼は合同球面三角形と対称球面三角形を区別していない) 。 彼が樹立したもう一つの定理は球面三角形の内角の和は 180° より大きいことである。 「球面論」の巻 II は球面幾何学の天文学への応用である。 巻 III は メネラウスの定理を含んでいる。彼は更に有名な「6 量の規則」を与えている。

太陽の黄経は 1 日あたり、1° ほど動きますから、それに応じた赤経 α の変化がおよそわかります。 上の数値は角度の単位は「度」なので、60 倍すると「分」になります。分の単位で判別がつくのは、 夏至あるいは冬至の 4 日前から 3 日前までの変化までだと言うことがわかります。
なお夏至・冬至の時期には太陽の赤緯はほとんど変化しないので、逆に地軸の傾きや緯度を測定できます。 夏至の前後では赤緯がほとんど変化しないので、夏至の前後で太陽が南中するときの高度を 夏至の時の太陽の赤緯と思ってよく、これで夏至の時の太陽の赤緯がわかります。 同様にして、冬至の時の太陽の赤緯がわかり、これで地軸の傾きと緯度が決定できます。 これは al-Khjandi の方法です (天文用六分儀を参照)。 緯度の決定は北極星の高度を測定する方が簡単に見えますが、 裸眼による角解像度は 1 分なので望遠鏡がなければ、これより高い精度で緯度を決定することが できません。一方、太陽の影あるいは像を観測すれば、1 分よりも高い精度で決定することができます。
なお、地軸の傾きを角度の秒の単位で測定しようとした時に al-Khjandi の方法には問題が出てきます。 それは冬至・夏至の前後で赤緯が変化しないと言っても多少変化するからです。 例えば冬至の前後の観測から、ある日の太陽の南中時にはまだ冬至点に達しておらず、翌日の 太陽の南中時にはすでに冬至点を過ぎていることがわかったとします。 黄経が 1 日あたり、1° ほど増大するため、冬至点における赤緯の決定で最も都合が悪いのは 冬至点の直前の太陽の南中時における太陽の赤経がほぼ 89.5° で 冬至点の直後の太陽の南中時における太陽の赤経がほぼ 90.5° の場合です。


 

(無題)

 投稿者:山田  投稿日:2016年 4月20日(水)00時16分57秒
  --------------------------------------------------------------------------------
諏訪クレーター 阿蘇→名方→伊勢→諏訪という ルート 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2016年 4月18日(月)21時53分51秒  返信・引用
   世界最大のクレーターが日本の阿蘇山だって知りました。http://blogs.yahoo.co.jp/world_heritage_travel/1110739.html

長野県 南アルプス(中央構造線エリア)ジオパークの紹介 ページです。 ... このクレーターは、およそ2~3万年前に直径約45mの小惑星が衝突 したためにできたと推定されています。
南アルプス(中央構造線エリア)ジオパークhttp://geopark.jp/geopark/m_alps/index.html
日本列島では中央構造線を境に、この元々は離れた場所でできた岩石が、ずらされて接しています。

御池山隕石クレーター
 飯田市上村しらびそ高原の一角に隕石クレーターがあります。クレーターの大きさは直径約900mで、現在はその40%ほどが残っています。このクレーターは、およそ2~3万年前に直径約45mの小惑星が衝突したためにできたと推定されています。周囲の岩盤の石英には、この時の衝撃によってできた面状微細変形組織が発見されています。

 飯田市上村の御池山では巨大な隕石の衝突でできた直径900mのクレーター(天体が衝突してできた円形の地形)を見ることができます。2~3万年前に直径45mの小惑星が衝突してできたものと考えられています。
御池山隕石クレーターhttp://minamialps-mtl-geo.jp/geosite026.html

... 天龍村から秋葉街道に通ずる道として 古代、中世の頃から中京、東海道方面の物資交流の街道です。
遠山街道http://www.nagano-tabi.net/modules/enjoy/enjoy_5064003.html

タケミナカタ・ロード
 建御名方命(タケミナカタノミコト)は大国主命の子で、出雲での国譲りのときに武甕槌命に敗れ、諏訪湖に逃れました。よく知られた神話です。http://www.tohyamago.com/rekisi/chuoukouzousen_takeminakata/
タケミナカタはどこから来たか
 一般的には、出雲から北陸沿岸を通り、現在の新潟県糸魚川市付近から姫川をさかのぼり、松本を抜けて諏訪に入ったとする説が有力視されています (※注1) 。
 しかしその一方で、大鹿村には次のような伝説が語られています。
 昔、建御名方神は戦に敗れて神稲村の佐原(現下伊那郡豊丘村)に逃げ、その後今の鹿塩(現大鹿村)に隠れて葦原に住居を定め、毎日山へ狩に出た。  ある日、命は谷間に塩水が湧き出るのを見つけ、獲物の鹿をこの塩水で調理して暫くここに暮らしていた。鹿塩の名はそれから始まった名で、その当時の葦原を今では梨原と呼んでいる。
(岩崎清美『伝説の下伊那』から要約)
神武天皇は東征で熊野を越えたとき、部下の天日別命(アマツヒワケノミコト)に、伊勢の国を平定せよと命じた。天日別命は東に進んで伊勢に入り、そこに土着していた伊勢津彦に屈服を迫った。
 はじめは抵抗した伊勢津彦も、殺されそうになってついに観念し、 「私の国を全て天孫に差し上げ、私はここを出て行きます」 と言った。
  天日別が 「お前が出て行ったかどうか、どうすればわかる」 と尋ねると、伊勢津彦は、 「私は今夜大風を起こし、波に乗って東方へ向かいます。それで証拠といたしましょう」 と言った。
 その夜、天日別が見張っていたところ、はたして大風が起こり波しぶきが打ち上げられて太陽のように輝き、海も陸も昼間のように明るくなった。
 こうして逃れた伊勢津彦は、信濃の国に入ったという。

「御柱よ何を語る ~ 諏訪大社御柱祭から古代日本の蛇信仰の謎に迫る ...http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6626994
 長野県の中部。北西から南東に細長く伸びる諏訪盆地のほぼ真ん中に『諏訪クレーター』は位置する。そこから南東方向へおよそ五キロメートル。かつてはそこに、『諏訪大社』と呼ばれた巨大な神社群のうちの一つが存在していた。
 だが、今はもう何も無い。ただ、荒廃した山の斜面が広がるのみである。
蓮「かつて諏訪盆地には巨大な湖があった。そして、その周辺には大きな神社が四つも鎮座していたはず。一体、何処にどうやって消えたのかしらね……」

阿蘇と諏訪の共通項http://www.tohyamago.com/rekisi/chuoukouzousen_suwa/
阿波国名方から、中央構造線に沿って南西に進むと、九州の阿蘇にたどり着きます。今度は阿蘇と諏訪の関係を見てみましょう。
 諏訪大社の大祝(諏訪神職の最高位)として君臨した諏訪氏(上社神氏、下社金刺氏)の先祖をさかのぼると、武五百建命(タケイオタツノミコト)という人物に行き当たります。
 この人物は別名を健磐龍命(タケイワタツノミコト)といい、阿蘇神社の祭神であり、またその大宮司家である阿蘇氏の祖先でもあります。つまり、信州の諏訪氏と九州の阿蘇氏は、先祖が同じなのです (※注1) 。

 九州の伝説によれば、阿蘇外輪山の内側はかつて広大な湖でした。そこで健磐龍命が山を蹴り崩し、水を海に流して土地を開いたといいます。

 似たような伝説が諏訪の北、糸魚川・静岡構造線上の松本平にも伝わっています。それが泉小太郎伝説です。
 景行天皇の時代まで、松本から安曇野にかけては広大な湖でした。その湖を泉小太郎とその母犀竜が、山を崩して日本海に水を流し、土地を拓きました。
 泉小太郎の父である白竜は穂高見命(海神の息子で穂高神社の祭神)の化身、母の犀竜は諏訪大明神の化身だと伝えられています。
 阿蘇の健磐龍命は景行天皇の行幸を迎えたともいわれていますから、二つの開拓伝説は時代まで一緒だということになります。

建御名方命を奉じてきた一族 (※注2)が、中央構造線に沿って移動してきたと解釈できるかもしれません。

五角の星マークも使われているのに注目) (景教渡来といっしょ ...... 御名方」~「胸方」 ~「虚方」ですから、伝承の通り「虚」が「トミ」ならば、「建御名方」が「トミ」なのは言わば 同語反復ということになり、極めて理解しやすいです。
青草掲示板http://kamnavi.jp/log/ktba0211.htm
[453] 鳥見山傳称地私考(要旨)8  神奈備  2002/11/27(Wed) 21:02 [Reply]
第三章  考古学上よりの考察
○上代の神祇鎮祭の霊代としての磐座の存在
二、磐境の構築
ー続きー
 今鳥見山の磐境をみるに以上の条件に全て適合してゐるのである。この磐境は古代の儘の完全なものではない。所有者福井氏の手記にある如く「山の七合目辺から奇岩巨石が重なり合ってゐて石の間から木が殊更に生えてゐる観がありましたが、今から十二・三年前に石工との間に採取契約を結び三年間石を採取いたしまして、為に西側は表面に出て居た巨石の大部分を取り去られ、山の形を非常に損じたことを今は残念に思って居ります。」今は残念ながら不完全なる環状の磐境しか見られない。
 頂上二十平方米は砂地にて樹木もなく神聖の地域とされ不浄物を置くと祟られるとさへ伝えられ、稍西方即ち正面と思はれる所に中心石(根廻り十尺高さ二尺八寸)があってそれから十四尺離れて東南から東北へ環状に六個の巨石が弧を描いてその石と石との間隔が二尺五寸乃至三尺位となってゐる。
 中心石より南西部に又高き地上二尺八寸の巨石、それが環状の一石であり又それを一つの中心石として今「御山大神」と刻まれてゐる。南西に三個北西に三個合計六個の巨石を以て環状となし小磐境を形成している。その中心と環状との半径が三尺許である。又その前(西)にも一段下がって一個の磐境がある。この形式は前述の如く大なる磐境を中心としてその傍らに数個よりなる磐境があり上代信仰の遺蹟に相違ないと思はれる。
 頂上より少し下がれば横五尺乃至十尺の、縦五尺乃至十数尺の巨石が大磐境をなし、むしろ磐城かも知れない。何れも自然石を縦に起こし根石を入れ少々人工的に立て並べてあることが推察出来る。
人工的

ダビデ紋について補足。
まず下図をごらんください。
http://www.tcn-catv.ne.jp/~woodsorrel/k_data/david.jpg
[451] Re[447]: 神紋、家紋  かたばみ [Mail] [Url]
左は2世紀頃のユダヤ教会遺跡の紋様。中は11世紀のエジプトの紋様。右はメノラ紋様。
△+▽紋様はロータス紋様同様に普遍的にエジプト中近東で用いられていた紋様のようです。
(五角の星マークも使われているのに注目)
(景教渡来といっしょに△+▽紋様として持ち込まれている可能性はある(^^;)

△+▽紋様をダビデ紋として使ったのは17世紀にプラハでユダヤ人組織ができたときだそうで、これ以降に広まり、イスラエル建国で国旗にもなったようです。
明治以前に「ダビデ紋」は存在していないわけです。

なお、メノラ紋様はモーゼの出エジプトのときにユダヤの象徴として用いられており、これは古いです。
(明治以前でこの紋様が日本に存在したかどうかは不明)

巴紋は今のところなにもわからずです。
弓を射るときの道具の鞆の図案化の説があるけど・・納得しません。
中国の周、中央アジアのスキタイなどにも類似紋様があるので、雲や水流といった自然現象からのイメージである可能性が高いと思っています。
それらに勾玉のイメージが重なれば容易にシンボル化して神社系に使われそうです。

社日塔は五角面の石棒で天地五神(天照大神、大己貴神、少彦名命、埴安姫命、倉稲魂命 )を陰刻してあります。

昔の人たちは、中央構造線を知っていて、その上に伊勢神宮や諏訪大社などを建てた...http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11140558996
qzp01467さん
2015/1/1222:23:27
伊勢神宮も諏訪大社もたぶん直接的な関係はないとおもいます。ただ伊勢も諏訪も呪術に使う辰砂(水銀)の産地で丹生鉱山職人の活動拠点として作られたのは丹生神社です。丹生は中央構造線沿いで多く産出されましたので当然その断層に沿って丹生神社が多く作られています。ただ伊勢の多岐にある丹生神社は神宮の末社に組み込まれていますから、水銀を押さえるために後から朝廷が神宮をこしらえて勢力下に入れた可能性はあるかもしれません。

n_yotarouさん
、「山中に社寺があれば、付近には必ず鉱脈がある」と言われるそうで、中央構造線付近は三重県多気郡多気町丹生から水銀が採掘されたなど、鉱山が多いそうです。ちなみに多気町丹生には丹生大師という古寺があります。諏訪大社の場合、中央構造線から少し離れた和田峠付近で良質な黒曜石が産出することで知られていますが、黒曜石を取引し流通させる人々が集まるには麓の諏訪湖畔が都合が良かったと言うことかも知れません。
なお、有名な寺社ですと熱田神宮や出雲大社、厳島神社、春日大社、東大寺、興福寺、清水寺、東寺、比叡山延暦寺など中央構造線から離れた場所にある例は枚挙に暇がありません。従いまして、何らかの理由で人が集まりやすい場所、あるいは神聖さを感じさせる場所に寺社が建立されることが多かったのだと私は考えます。
全国に数ある古い寺社のうち中央構造線付近にある例のみを列挙し、中央構造線を知っていたのではないかと想像するのは言葉遊びに近い行為のように思われます。蛇足になりますが、40年ほど前に北緯34度32分に古い神社や史跡などの聖地が点在するとして「太陽の道」と名付けられ、古代の人々が高度な測量技術を持っていたかのように主張されたことがありましたが、実際には線上から離れた地点が多すぎ、今では学問上では無視される説になっています。「昔の人が中央構造線を知っていた」という仮説も「太陽の道」と同様に扱うべきではないでしょうか。

熊本霊ラインと中央構造線http://www1.bbiq.jp/sukunahikona/reyline/kouzousen.htm
中央構造線の二つの候補で共に妙見信仰があったということは非常に重要なことを示唆しているように思える。
また臼杵_八代構造線構造線上にあるといわれる幣立宮にも八大竜王と妙見神が祀られている。
つまり妙見信仰の広がりにこの中央構造線が関与しているように思える。

インドのボンベイ 付近からは大量のクレーター跡も発見されている。http://matome.naver.jp/odai/2133812678463973001
最大のものは直径凡そ2.1kmに上るもので、年代は凡そ5万年前に遡るという。しかし奇妙な事に同クレーター付近からは原因となるべき隕石自体は一切発見されず、巨大なクレーターのみがそこに残っているのだ。調査によれば、そのクレーターを作った衝撃はおそらく600,000気圧という凄まじいものであり、更に同クレーターからはモヘンジョダロを始めとする一連の遺跡と同じように、ガラス質の地表、そして「瞬間的な高熱」の跡が発見されているのである。

crater のもとはギリシャ語の κρατήρ [kra?t???r クラーテール]で、ブドウ酒と水を まぜるうつわのことだ。ひろ口で、下すぼみで、とっ手がふたつある。古代人はブドウ酒を 水でわってのんだ。http://toxa.cocolog-nifty.com/phonetika/2006/11/crater_188b.html
もともとはまぜる容器のことだけど、さかずきの意味にもなったし、クラーテールみたいなかたちのものってことで、岩のくぼみとか噴火口のこともいうようになった。
まぜる容器
マゼル
「マゼル・トヴ」はもともとヘブライ語で「おめでとう」と相手を祝福するときの言葉で、 ヘブライ語では「マザル・トーヴ」の方がより原音に近いようです。http://www.asahi-net.or.jp/~VZ4S-KUBC/yid-yiddishtv.html
「マザル」は「運、運命」、「トーヴ」は「良い」という意味で、「マザル・トーヴ」は直訳すると「良い運、幸運(英語なら good luck)」となります。イディッシュ語では mazltov[マズルトヴ]となります。
幸運
卍は歴史的にみて、幸運を意味するシンボルとして、幅広い文化圏で使われてき たのだ。http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52205863.html
ネイティブアメリカンが古来から使用してきたシンボルで、その起源は古代プエブロ人にまで遡る。ナバホ族の伝説によれば、ワーリングログは丸太で川を下って肥沃な大地に辿り着いたあるのけ者の旅を表しているのだという。また、4つの風や4つの方角を表していると考える文化もある。

古代ギリシアで卍はガンマディオンと呼ばれていた。ギリシア文字の大文字ガンマを4つ組み合わせたような見た目である。キリスト教が普及する前において、地中海沿岸では一般的なモチーフであり、ミノア、ギリシア、エトルリアで太陽信仰と結びつけられていた。…
アリスタルコス・クレーターにあるピラミットのような構造物http://karapaia.livedoor.biz/archives/52091500.html

サハラ砂漠の真ん中に横たわる国・チャドのアオルンガと呼ばれる地域には、一列に 並んだ3つのクレーターが存在するが
数珠つなぎのクレーターhttp://spacesite.biz/space.craterchain.htm
1993年、その謎に答えが出た。この年、シューメーカー・レビー第9彗星(SL-9)が発見されたが、これが21個の核からなる数珠のような彗星であること、しかも、94年に木星へ衝突することが明らかとなったのだ。解析の結果、同彗星が92年に木星の至近距離まで接近していたことが判明、その潮汐力により1個の彗星がバラバラに分裂したのだろうという結論に落ち着いた。
ゴンザレツ氏が見つけたクレーターと思われる地形で、場所はリビア。「簡単に見つかりましたよ」と語る氏は、今年3月始め、新たなクレーターがエジプトで見つかった報道を見ているうちに、その周辺をチェックしてみようと思い立った。それから数分、リビアとチャドの国境付近を眺め回していると、もうひとつ別のクレーターがあるのに気付いたという(エジプトのクレーター発見の報道を下に記載しています)。
これらのクレーターはかつて確認されたことがないもので、しかも驚くべきことに、先のアオルンガ・クレーターと一直線上に並ぶのだ!

漆黒の闇に燃えるガス・クレーター、奇岩広がる ヤンギ・カラの大地。トルクメニスタンの2つの絶景とメルブ、マルグッシュの古代遺跡を 訪問。http://4travel.jp/travelogue/10805761
このクレータの近くには、3つほど小高い山があり、うち2つからは地獄の門の赤い火が見えています。また、もう1つは休火山で、頂上付近には火口と思われるへこみが10個ほどありました。天然ガスが放出する場所になぜ火山があるのかは謎のままでした。
人工的窪地
別になんということ もない窪地ですが、関東各地の中世古道や古代道跡を見てきたホームページ作者の私 には、これはまぎれもない古道の跡と思われるのです。http://michis27.main.jp/tamasan_folder/notudaOKA.html
この人工的窪地の幅は50メートル位あることになり、こんなに大きな人工的な地形がここにあるとするならば、これは大変なことです。道路の遺跡としては重要度最高レベルのものではないでしょうか。ここの地形を観察してみると確かに人工的と思われる不思議な空間も見られます。例えばサッカー場の東側には何かの施設跡のような大きな別の窪地が入り込んでいたりします。そしてもうひとつ不思議なことは、上の原広場とその近隣には人家が一つもないことです。発掘現場の上の原遺跡では縄文時代から奈良時代までの住居跡が沢山検出されているようですから、人が住むには適している土地なはずです。しかし、中世以降、近世から現代に至るまで、人が住んでいた痕跡はまるで無いということです。古街道研究者はこの場所は特別な施設が存在していて、人が住んではいけない場所であったのではと推測されています。

有名な、窪地の中でも 最も重要な地点に足を止めていたのです。 ... この名を借り、自分たちが立っている砂漠 の中の砂質粘土の広い窪地が古代の湖の底であると結論づけたウェンドルフとシルトは  ...
ナブタ・プラヤ発見の経緯 http://www.eonet.ne.jp/~libell/1hakken.html
広大な浅い窪地を歩き回り、全ての奇妙な石の群れを見、その石の列を図に書き起こし、多くの塚や辺り一面に散らばった土器の破片も見た二人(ウェンドルフとシルト)はこれは間違いなく人類学的な大物を引き当てたと信じ始めるのである―事実これは尋常ならざる先史時代の遺跡だったのである。それは石器時代の独特なテーマ・パークの一種であり、そこでは明らかに神秘的な行事や魔術的な儀式が行われていた。この地方のベドウィンはそこを「ナブタ」と呼んだ、それは「種子」の意味である。この名を借り、自分たちが立っている砂漠の中の砂質粘土の広い窪地が古代の湖の底であると結論づけたウェンドルフとシルトはこの遺跡を「ナブタ・プラヤ」と名付けた。 」
窪地  沖縄  長野
常陸国の古代駅路 ⑦水戸市河和田の“凹道公園” JR赤塚駅を出て想定ルートを 真っ直ぐに南西へ辿ると、驚きの光景が待っていました。まずはこの“凹道公園”( ... 道 は空き地にぶつかり行き止まりとなりますが、水の溜まった直線的な窪地が前に伸び ています。
凹んだ場所の一番下は「s-ocho=底」です。沖縄方言では「s-uchu=スク」です。スクが付く地名は「山に囲まれた谷あい、谷間」と推測されます。日本では長野県は山に囲まれた県です。
「s-achu=佐久」という地名があるのは不思議ではないです。
「s-echo=瀬古」は凹んだ所、窪地ではないかと調べたら瀬古、佐久は凹んだ所で日本では「迫=sacho」を含む地名は凹んだ場所と説明されています。
沖縄の地名では、佐久川、佐喜真、数久田などが谷間の村落と推測されます。
水を手で「持つ」、手で「汲む」、「掬う」時には手の平、掌を「h-echo=凹」まし、そこに水を「溜める」でしょう。水は「凹んだ所、窪地」に「溜まり」ます。
和田 ホータン
新疆ウイグル自治区ホータン地区にある ヨートカン遺跡の観光ガイド. ... 遺跡は概ね漢代から宋代のもので、現在は地表より8m 低い窪地を中心に、周囲約0.3平方キロが保護されている。
ヨートカン遺跡(ヨートカンいせき)http://www.kando-tairiku.com/dest/05id006420.html
?特干?址 / YueTeGanYiZhi / ユエトゥーガンイージー
ヨートカン(約特干)遺跡はホータン(和田)市の西11kmの巴格其郷艾拉曼村にある。
遺跡は古代コータン(于闐)地区の重要な都市だったとされており、20世紀初頭にはヘディン、スタイン、大谷光瑞などの探検隊も当地で発掘調査を行った。現在地表には建造物の遺構はまったく残されておらず、主な出土品は地下5mの地層から発掘されている。出土地層は厚さが約3mあり、一部では地表に現れ、その場所からは多くのと陶器破片が出土している。
遺跡からは陶製埴輪や貨幣・ガラス片・真珠・金製像・版画・玉器・骨などが出土しており、埴輪は人物と動物が多く見られ、陶器の破片にはギリシャやペルシャの影響を受けた幾何紋様や植物紋様が見られる。過去に出土した金器はそのほとんどが現地の住民によって溶かされてしまったが、1959年には金製の鴨像が発見され、その形状は敦煌・千佛洞に描かれた鴨の絵と非常に似ている。また20世紀初頭にスウェーデンの探検家へディンが発掘した時には、キリストが描かれた金貨や十字架・金牌なども発見されており、かつてはキリスト教の宣教師が滞在していたことも確認されている。
遺跡は概ね漢代から宋代のもので、現在は地表より8m低い窪地を中心に、周囲約0.3平方キロが保護されている。西方の影響を大きく受けていることから、古代の東西文化交流を研究する格好の材料となっているほか、毎年世界各地から多くの旅行客が絶えず訪れている。


 

レンタル掲示板
/28